食の世界遺産に
登録された豚をご存知ですか?
 
 
 
ナキジンアグーは 
 

『食の世界遺産 アルカ』 

 

にも登録されている希少な豚です。
では、そもそも
今帰仁(ナキジン)アグーってなに? 
 
 

 
沖縄に行ったら

 
 
『アグー』

 
 
国際通りを歩く観光客の多くの
人はそう思っています。
 
 

ゴーヤチャンプルに並ぶ、
沖縄に行ったら食べておかないと
ならない食材です。
 

 
ナキジンアグー豚とは琉球在来種の
豚です。
古来から祭礼儀式などでこの豚が
食べられてきました。 
この豚は
 

 
======= 
発育が遅く小型
子供の数が少ない
======= 

 

という理由で食肉として
一般流通 するのは困難でした。
 
 

そのため外来種との交配で
食肉用に改良され
現在沖縄で『あぐー豚』として人気を
得ています。
 
 

===== 
あぐー3元豚
=====

 
 
と呼ばれるハイブリッド豚です。 
その結果、在来種は・・・

 

=====
絶滅の危機
=====

  

に瀕し30頭にまで激減して
しまいまた。
 

 
しかしながら、現在では1983年より
高田氏の挑戦により603頭まで
頭数を復活する事が出来ました。
(2006年)
 
 

20年にも及ぶ高田氏のチャレンジ
により今では 

 
 
======
1日1頭の出荷
======
 
 

までこぎつける事が出来きました。 
 


今後この豚(資源)を守り(維持)
するには、
 
 
 
===== 
食べて頂く
=====
 
 

事が必要になってきます。
グロワグロワはその食べて頂く
窓口として、
 

 
=====
存続&維持  
=====

 

を微力ではありますが
協力して行きます。
 
 

そして、もっと多くの人に、
 

 
=========== 
日本唯一の本物のアグー豚
===========
 
 

 
の存在を伝えていく事が
使命だと感じています。 

  

 
今回、今帰仁(ナキジン)アグーを
知って頂く機会として、
 
 
 
======
今帰仁(ナキジン)アグー
お試しコース
======
 
 

を提供致します。
 
 
 
========
どんなお肉なのか?
======== 
 
 

日本に多く出回る人気の
3元豚
 
 

・あっさりしている
・脂が甘い
・臭みがない
 
 

と人気です。
麦豚や芋豚としても聞いた事が
あるかもしれません。
 
 

その3元豚とは違い、

 

・濃厚な赤身
・新雪のような真っ白な脂
・噛み締めるたびに溢れる旨み
・手で触っても解けてしまう脂
 
 

を持っています。
食べて頂いたお客様からは
 

 
『本当に豚ですか?』
 
 

とその旨みに驚かれます。
生の状態で比べると牛肉と区別が
つかないほどです。 
 

 
そんな究極の豚の中でも
以前、NHK”がってん”でも
紹介させて頂いた、

 
=== 
ウデ肉
===
 
 

を堪能して頂きます。。
 

★★★★★★
予約する
https://bit.ly/2C58kZi
★★★★★★

 
 
今帰仁アグーの濃厚な
味を試すにはピッタリの部位です。
 
 
 
・脂
・赤身
・肉質の濃厚さ
 

 
のいいウデ肉を57度で肉汁を保ちながら
低温で調理するのです。
 
 

そして仕上げに
豪快に炭火
 
 

でグリルして旨みをぎゅっと閉じ
込めます。 
そうして出来た豚肉を旨みを最大限に
楽しむ為に
 
 

 
ヒマラヤの岩塩

 
 
 
で食べて頂きます。 
そして当日は、別に3元豚を
ご用意したいと思います。
 
  
 

是非食べ比べてみるのもいいと
思います。
 
 

 
ではコースの詳しい内容を
お伝えいたします。
 

 
~~~~~~~~~~~~
 
今帰仁アグーお試しコース
 
1、春キャベツで巻いた
  今帰仁アグーのリエット
   
2、オーガニック野菜の
    しゃきしゃきサラダ
 
3、今帰仁アグーすね肉の
         ゼリー寄
     旬の春野菜添え

4、今帰仁アグーウデ肉
   肉汁溢れる
  ジューシーな炭火焼き 

パン付 お一人様 ¥2980
 
~~~~~~~~~~~~

 
 
今帰仁アグーはまだまだ
安定供給出来ていません。
在庫の調整もありますので、
 
 
 
======
毎週10食限定
======
 
 
 
とさせてください。
翌週の予約を週末までにして
頂くのが確実です。
 
 

では、ご予約お待ちしております。

1年以上前